多くの病院へ行き、耳鳴りが治らなかったが頚筋治療で改善

症例 NO.053 58歳 女性

耳鳴りは頚性神経筋症候群の治療で4分の3の確率で治る。2年前に耳鳴りで発症し、引き続きいろいろの症状が出現し、耳鼻科、脳神経外科、循環器科、精神科、産婦人科、東洋医学など沢山の科と大学病院を含め、沢山の病院を受診したが、効果なくどこへ行っても治らなかった中年女性が当院の頚性神経筋症候群の治療で全症状と他覚的異常所見が消失した。
症状経過

4年前に、突然前胸部の圧迫感、胸痛があり、近くの総合病院を受診した。1年前に耳鳴りが始まり、上記総合病院の紹介で耳鼻科を受診し、脳のMRIや耳鼻科の検査を受け、1ヶ月間ガス吸引の治療を受けたが効果なく、他の耳鼻科を2ヶ所受診したが、「年だから仕方ないでしょう、慣れてください」と言われ、治療法はないと言われた。その後、大学病院の耳鼻科を受診したら、うつ症状が出ているので心療内科を紹介された。その後、体調が悪くなり産婦人科に10日間入院し、治ると言われたが治らなかった。西洋医学ではどこの病院へ行っても治らないので、漢方専門へ行き8ヶ月治療を受けたが、根本的な改善はなく、ただ体温が35℃台であったのが正常に戻った。

「症状」内の番号は問診票の項目番号です。問診票はこちらで、ご覧になれます。

日付 頸椎部のチェック 症状 合計
初診時 初診時、問診でウツの精神症状6問、気が滅入りあらゆることに集中できなく、理由もなく不安で、イライラして焦燥感があり、根気なく仕事ができない、又何もする気が起きないというすべての項目がハイであった。その他の症状は、頭がのぼせるのに足が冷たい、体中がだるい、胃腸の調子が悪い、目が疲れる、夜眠りにくく、すぐ目が覚める、頚凝り、肩凝りがあり頭痛がするという症状であった。診察をすると頚筋のチェックポイント全部に異常があった。
入院時 頸椎部のチェック図 自覚的にも他覚的にも変化なし

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
5   ふらっとする。
6   歩いていたり、立っている時なんとなく不安定。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
14 目が疲れやすい、または痛い。
20 すぐ横になりたくなる。
21 疲れやすい。
22 何もする気が起きない。意欲がない。
24 気分が落ち込む。気が滅入りそうだ。
25 集中力が低下して、1つのことに集中できない。
26 わけもなく不安だ。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。
30 腹部が痛い。腹部圧迫感がある。胸がしびれる。

15
1


頸椎部のチェック図 自覚的にも他覚的にも変化なし

1   頭が痛い、頭が重い。
3   肩がこる。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
11 汗がでやすい。
14 目が疲れやすい、または痛い。
19 下痢をしやすい。腹痛など胃腸症状。
21 疲れやすい。
22 何もする気が起きない。意欲がない。
25 集中力が低下して、1つのことに集中できない。
26 わけもなく不安だ。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。

11
2


頸椎部のチェック図 自覚的にも他覚的にも変化なし

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
11 汗がでやすい。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
19 下痢をしやすい。腹痛など胃腸症状。
20 すぐ横になりたくなる。
21 疲れやすい。
24 気分が落ち込む。気が滅入りそうだ。
26 わけもなく不安だ。
27 イライラして焦燥感がある。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。

13
3


頸椎部のチェック図 診察で頚筋の後の中央部に異常がなくなり、異常は6/9となった。自覚的には睡眠が十分取れるようになった。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
6   歩いていたり、立っている時なんとなく不安定。
7   吐気がある。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
11 汗がでやすい。
14 目が疲れやすい、または痛い。
21 疲れやすい。
26 わけもなく不安だ。
27 イライラして焦燥感がある。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。

12
4


頸椎部のチェック図 急に変化が見られた。診察では異常のポイントは2/9となった。症状も主なものは4/30となった。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
7   吐気がある。
11 汗がでやすい。
14 目が疲れやすい、または痛い。
25 集中力が低下して、1つのことに集中できない。
27 イライラして焦燥感がある。

8
6


頸椎部のチェック図 他覚的には2/9のまま。症状の主なものは1/30となった。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
19 下痢をしやすい。腹痛など胃腸症状。
26 わけもなく不安だ。

5
7


頸椎部のチェック図 他覚的所見は変わらず。症状は主のものは0/30となくなった。

1   頭が痛い、頭が重い。
26 わけもなく不安だ。

2
9


頸椎部のチェック図 他覚的所見は変わらず。症状は時に頭が重いことがあったが、主なものは0/30であった。

1   頭が痛い、頭が重い。

1
10


頸椎部のチェック図 他覚的所見は全く消失し、症状も完全になくなった。 0
11


頸椎部のチェック図 他覚的所見は全く消失し、症状も完全になくなった。 0
12


頸椎部のチェック図 他覚的所見は全く消失し、症状も完全になくなった。 0


はじめてのご予約はこちら 脳・頸ドック 予約はこちら