メニエール病と診断され多くの症状が頚筋治療で改善

症例 NO.048 39歳 女性

メニエール病と診断され、たくさんのウツ症状と、眩暈と頭痛と嘔気に悩まされ、30問の問診で26の異常のあった女性が治った例
症状経過

2年前から頭痛と嘔気に悩まされ、痛いときは起きれない程の痛さがあった。市販の頭痛薬をのんで1日寝ていると頭痛はおさまるが、このくり返しであった。1年半前より、目の症状が出てきた。目がチカチカして画像がゆがむことがあった。眼科受診したが異常なしと言われた。眼科から神経内科へ紹介されMRIをとったが異常所見なかった。しばらく、この神経内科に通院して薬をもらっていた。半年前より、気分が落ち込むようになり、気が減入って何もする気が起きず、訳もなく不安感がいつもでて集中力がなくなり、一つのことに集中できずイライラと焦燥感があり、何をしても根気がつづかず、簡単な間違いをよくするようになり、物覚えが悪くなった。1ヵ月前に、天井がグルグル廻り、耳鼻科を受診したらメニエール病と診断された。光がまぶしく、肩こりと無気力で何も出来ない状態であった。天候と症状が密接に関係していて天候が悪くなる前か、悪くなり出すと症状が強く出るので天気予報がよく当たった。たまたま、週刊誌をみて、当院を受診した。既往歴として、20才のときに、追突事故で頚椎捻挫をうけている。

「症状」内の番号は問診票の項目番号です。問診票はこちらで、ご覧になれます。

日付 頸椎部のチェック 症状 合計
初診時 頚部後筋群のチェックポイント全部に異常がみられた。瞳孔は大きく、8/10であった。光を当てると、それでも収縮はみられ5/10となるが、光を当てていても、すぐ8/10の状態にもどった。症状は、前述の症状の他に、上半身が熱いのに、足が冷たい、いつも体が疲れ、だるく、すぐ横になりたくなり、横になると楽になった。なぜか、つばが沢山でるようになった。涙も良く出る。光がまぶしく、目を開けていられず、見えるものがぼやけて見えた。目が疲れて又目の奥の痛みが強かった。 安静にして、静かにしているときに、突然脈拍が早くなり、心臓がドキドキすることも多くなった。又、やたらに汗が出て、下着を何度も変えなければならなくなった。暖かい部屋に入ると、顔が赤くなり、いつまでも顔が赤いままで長い時間暖かいところに居られなかった。
夜はなかなか寝られないで、睡眠薬を飲んでも寝られず又夜間に目が覚めることも多く、不眠に悩まされた。頚がこって、肩がこって、頭が痛いのは常時であった。 頚のレントゲンでストレートサインがみられた。
ストレートサインは最近、整形外科でストレートネックという言葉がよく使われているようであるがこれは、30年以上前に、ムチウチの研究をしていた頃に、帝京大学の畠中担教授と一緒に発見し、ストレートサイン(直線化現象)として発表したもので、最近、整形外科で使われているストレートネックとおなじものではないかと思う。頚のMRIで、C4/5、5/6、6/7の椎間板の後方への突出(ヘルニア)も見られた。
入院時 頸椎部のチェック図 入院時症状26/30であった。頚部後筋群のチェックポイント11ヵ所全部に異常があった。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
5   ふら
6   ふりむいたっとする。時や歩いている時、何となく不安定。
7   吐気がある。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
9   血圧が不安定である。
10 暖かいところに長時間おれない。体温の調節異常。
11 汗がでやすい。
12 静かにしているのに心臓がドキドキする。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
14 目が疲れやすい、または痛い。
15 まぶしい、又は目を開けていられない。
16 目が乾燥する。
17 つばが出やすい。出過ぎる。
20 すぐ横になりたくなる。
21 疲れやすい。
22 何もする気が起きない。意欲がない。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
24 気分が落ち込む。気が滅入りそうだ。
25 集中力が低下して、1つのことに集中できない。
26 わけもなく不安だ。
27 イライラして焦燥感がある。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

26
1


頸椎部のチェック図 症状は嘔気がなくなり、イライラ焦燥感と胸部の圧迫感が消失した。他覚的所見は変化無し

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
4   風邪をひきやすい。
6   歩いていたり、立っている時なんとなく不安定。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
10 暖かいところに長時間おれない。体温の調節異常。
11 汗がでやすい。
12 静かにしているのに心臓がドキドキする。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
14 目が疲れやすい、または痛い。
15 まぶしい、又は目を開けていられない。
16 目が乾燥する。
17 つばが出やすい。出過ぎる。
20 すぐ横になりたくなる。
21 疲れやすい。
22 何もする気が起きない。意欲がない。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
24 気分が落ち込む。気が滅入りそうだ。
25 集中力が低下して、1つのことに集中できない。
26 わけもなく不安だ。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

23
2


頸椎部のチェック図 症状は15/30と減少。動悸がなくなった。眼の痛みや、涙が出やすいという目の症状がよくなった。何もしたくない、意欲がないという症状や気が滅入る気分が落ち込むという症状や原因のない不安のウツ症状の3大症状が消失した。診察のうえでは、異常所見は変わらず頚筋チェックポイント11ヵ所全部の異常がみられた。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
5   ふらっとする。
6   歩いていたり、立っている時なんとなく不安定。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
10 暖かいところに長時間おれない。体温の調節異常。
11 汗がでやすい。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
14 目が疲れやすい、または痛い。
17 つばが出やすい。出過ぎる。
21 疲れやすい。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
25 集中力が低下して、1つのことに集中できない。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。

15
3


症状はさらに少なくなり13/30となった。良くなったのは集中力の低下が改善した。根気がないという症状もなくなり、ウツに関係した症状は無くなった。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
5   ふらっとする。
6   歩いていたり、立っている時なんとなく不安定。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
11 汗がでやすい。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
14 目が疲れやすい、または痛い。
15 まぶしい、又は目を開けていられない。
21 疲れやすい。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

13
4


症状さらに少なくなって、10/30となった。よくなった症状は発汗異常で何度も下着を替えなければいけなかった汗の出方も正常になった。目も疲れなくなり、不安感もなくなった。頚筋の状態は、下の方から良くなってきてチェックポイント8/11の異常に改善した。明るく前向きに考えられるようになり、笑えるようになった。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
5   ふらっとする。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
21 疲れやすい。
22 何もする気が起きない。意欲がない。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

10
5


頸椎部のチェック図 症状は1つに減った。9/30となる。全身のダルさがとれてきた。頚の筋肉の状態は4週間目と変化無し。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
5   ふらっとする。
6   歩いていたり、立っている時なんとなく不安定。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
21 疲れやすい。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

9
6


頸椎部のチェック図 症状はさらに少なくなり、7/30となった。めまい、ふらつきが消えた。頚筋の状態は大巾に改善し4/11となった。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

7
7


頸椎部のチェック図 症状は1つ少なくなった。6/30。不眠がよくなり、寝付きもよくなりよく眠れるようになった。ウツの精神状態は完全に消失した。天候の悪くなる前に症状が強くなり、調子が悪くなっていたのが、天候と全く関係なく気分の悪くなる前も、悪くなり始めても調子は変わらなくなった。光がまぶしく、目を開けていられなかったのが明るいところへ行っても光はまぶしくなくなり平気で目を開けていられるようになった。入院前、耳鼻科でメニエール病の診断を受けていたが、メマイ、ふらつきは全くなくなり、まだ確認的なことは言えないがメニエール病の診断は間違いであった可能性が出てきた。本当に体が楽になり、世の中人生が楽しく感じられるようになってきた。
頚筋の状態は少し、変化があり6/11となった。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

6
8


頸椎部のチェック図 ウツ症状は完全消失したまま、意欲が出てきて、色々な事にチャレンジしたくなった。気分の落ち込みや不安は全くない。 入院生活が楽しくてしょうがない。症状は1週間前と変らず6/11のままである。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

6
9


頸椎部のチェック図 症状はさらに1つ少なくなり5/30 上半身が熱く、足が冷たいという症状がなくなった。 頚筋の状態は変わらず6/11。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。

5
11


頸椎部のチェック図 症状は2/30となった 頚と肩のコリ以外の症状は全部消失 頚筋は全く異常なく0/11となった。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。

2

体験記

この病院、院長先生に出会う前に、どれ程の病院を歩き回ったことでしょうか。家の近くの開業医、総合病院、大学病院と何件になるでしょうか。

もう10年以上前から頭痛に悩まされ、初めは生理の前後に痛みが起こっていました。それも毎回ではなく・・・・。その時は自分でも気にならず、寝不足か疲れかなと思うくらいでした。
5年程前からは頭痛はひんぱんに起こり、痛みもズキズキ、ガンガン立っていられない様な痛みに変わり、横になっても何ら変わらず、屯服を飲み、何とか痛みが和らぐ、という具合で・・・・、それでも寝込むわけにもいかず、毎日子育てと仕事に追われる日々でした。
段々と頭痛とともに頭に血がのぼった様にカッとなり、胸がしめつけられ、動悸も激しく、階段を上がっただけで息が切れるほどで、これはもう更年期(少し早いかなと思いましたが)が来たのかと自分でそう思い込んでいました。
そのうち、イライラ落ちつきがなくなり、何もやりたくないと思う事が多く、子供にあたり散す事が多くなりました。
入院する1年半位前に、突然目がチカチカして、視野がモザイクの様にぐにゃぐにゃとして、そんな状態が初めは5分程続き、何度も起こる様になり、何回目には30分以上続くようになってしまい、慌てて眼科へ。診察の結果、目には全く異常なく自律神経からくるものだからと、神経内科へ紹介され受診。神経内科でのMRI、CT、血液検査などすべての検査でも全く異常なし。ついた病名は「偏頭痛」「緊張性頭痛」。何種類かの薬と痛み止めをもらい、月2回の通院に。
その後、首から上が重くいつも常に横になりたくなる。
車の運転もシートに頭をもたれていないと、つらくなり、肩こりが激しくなりました。目の方も太陽の光が異常に眩しく感じ、いつも涙が出ている状態になり、雲の日や雨の日でもサングラスをかけていないと運転できなくなっていました。薬を服用しているにもかかわらず、頭痛は日増しに強くなり、いつも頓服を飲んでいる状態でした。仕事が休みの日は何も出来ずにゴロゴロと横になり、寝転がっている日が増えました。次第に立ちくらみや目まい、いつも地面がフラフラと揺れていて、横になっていてもぐるぐると回っている様になってしまった。
その為、何度も検査を繰り返しても、全く異常はなく、家族にも「なまけ病だ」とわかってもらえず・・・・、気分はどんどん落ち込んで、いつもイライラしていて、自分の子供の泣き声にさえイラついてしまうような状態でした。
何もやる気が起こらず、人と話をするのも嫌になり、買物に行っても人の多さに酔ってしまい、車で寝込んでしまう事もありました。とにかく外に出るのが嫌になり、神経内科から精神科へ。
診察の結果は「うつ病」。安定剤や抗うつ剤の薬をもらい、月2回のカウンセリングへ。それでも気分はすぐれず、ふらつき、頭痛、ついにはふらつきから吐き気が起こり立てなくなり耳鼻科へ。
「ストレスからくるメニエル病」。目まい止めの点滴に毎日通い、薬と、この時点で10種類以上の飲み薬を飲んでいました。
こんな状態でも仕事は休めず、理解してくれる人もなく、自分が何をしているのかわからなくなっていました。
「通院して薬を飲んでいるのに何故良くならないのか」と落ち込み、子供達にも狂った様に怒鳴りちらし、物を投げつけたり、食事も作れない状態がほぼ毎日続きました。
そんな時、主人が雑誌で東京脳神経センターの記事を見つけてくれ、とにかく今この状態を楽にしてくれるのならば、一分一秒でも早く楽になりたい、と受診しました。
その結果「頚性神経筋症候群」と初めて首からくる症状だとわかりました。
初めてお会いする松井先生は私の状態を優しく聞き入れてくださり「つらかったですね。この病気は本人しかそのつらさがわからないんですよ。もう大丈夫ですよ。首のこりがとれれば治ります。2ヶ月半から3ヶ月の入院治療が必要ですが必ず治ります」とはっきりおっしゃって下さいました。
もっと早くこの先生に出会っていたら・・・・私はもっと早くにこの苦しみからのがれられたのに・・・・と思いました。 入院時の私の状態は、頭痛、肩こり、めまい、ふらつき、首の重さに加え、手足の冷感・しびれ、不安感など30項目中28項目も症状が出ており、とにかくベッドに横になっている事が多く、治療に行く時だけベッドから離れるといった具合でした。
入院後2週間ほどは、入院したのにふらつきも頭痛も良くならず気分的にも落ち込んでしまっていました。そんな時、先生・看護師の方々の「今までは日々の忙しさの中で気がつかなかっただけ。これだけ自分に無理をさせてきたんですよ。これがあなたの本当の病状、あせらずのんびりと体を休ませてあげてね」
この一言で私はモヤモヤしていた自分にふっ切れて、自分のペースで治療に専念する事が出来ました。 それ以来、私の状態はどんどん回復に向かい、一ヵ月を過ぎた頃からは、頭痛もすっきりと消えて、目まい、ふらつき、胸のしめつけなどの症状が消えていき、フラフラして歩いていた自分がウソの様にしっかりと歩ける様になっていました。
入院して、1週間くらいに近くにコンビニにたった5分程の買物に出掛けただけで、病室のベッドに倒れ込んでいたのに、1ヵ月の頃にはスタスタとスーパー(Aコープ)まで歩ける様になったのです。
特に自分の気持ちの落ち込みはなくなり、気がつけば病棟の看護師・介護士の方々、同じ入院中の患者の方々とにこやかに話している私がいました。お腹の底から大笑いしている自分がいたのです。あれだけ人混みをさけて人と話をするのが嫌で、家でゴロゴロしていた自分が、散歩に出掛け、スーパーで買物も出来る様になりました。

また私はこの東京での診察で首のヘルニアがあるのもわかり無事に手術を終えて、首のだるさも重さもスッキリとなくなり、院長の「ここでの入院中に悪い所をすべて治して帰りましょう」の言葉通り、今の私はすっきりと体調も回復しました。
何よりも自分の気持ちが常に前向きに考えられる様になった事が今までの自分からは思いもよらなかったです。
2ヶ月を過ぎた頃には500ページもある小説を読めるまでに回復しました。そして家に帰ったら「あれもやりたい、これもやりたい」と意欲もしっかり持てる様になりました。
明日無事完治して退院出来るとは夢にも思えない程、入院前の自分とは別人です。
子供にも入院する日の朝「優しいお母さんになって帰って来てね」と言われたくらいですから・・・・。
今の私はもう大丈夫。自信を持って家族の元へ帰ります。


はじめてのご予約はこちら 脳・頸ドック 予約はこちら