不眠、頭痛、うつに悩んだが入院治療で改善

症例 NO.047 19歳 女性

頭痛とウツと不眠に悩まされた若い女性が頚性神経筋症候群の治療で改善した。
症状経過

4年前 、頭痛と不眠に悩まされていた。ウツ症状がでて、精神科受診した。
当院受信時、頭痛、頚こり、肩こり、メマイふらつき、不眠、体温調節障害、汗が大量に出る、目がかすんで見える、ものがぼやける、目が疲れる、目の奥が痛い、疲れやすい、すぐ横になりたくなる、横になると症状が軽くなる、頭があつく手足が冷たい、胸の圧迫感があり痛いなど、30問中17の異常があり、診療で頚筋のチェックポイント11全部に異常がみられた。

「症状」内の番号は問診票の項目番号です。問診票はこちらで、ご覧になれます。

日付 頸椎部のチェック 症状 合計
初診時 頸椎部のチェック図 1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
4   風邪をひきやすい。
5   ふらっとする。
6   歩いていたり、立っている時なんとなく不安定。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
10 暖かいところに長時間おれない。体温の調節異常。
11 汗がでやすい。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
14 目が疲れやすい、または痛い。
15 まぶしい、又は目を開けていられない。
16 目が乾燥する。
20 すぐ横になりたくなる。
21 疲れやすい。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。
30 腹部が痛い。腹部圧迫感がある。胸がしびれる。
18
1


頸椎部のチェック図 頚筋のチェックポイントが異常が1つ消えた。症状は9となる。

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
14 目が疲れやすい、または痛い。
15 まぶしい、又は目を開けていられない。
16 目が乾燥する。
21 疲れやすい。

9
2


頚筋のチェックポイントの異常が4つ消えた。症状は3となる。

3   肩がこる。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
14 目が疲れやすい、または痛い。

3
3


頚筋のチェックポイントの異常10個消えた。精神症状もなくなり、頚部の緊張もとれた。症状は3となった。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
14 目が疲れやすい、または痛い。

3
4


頚筋のチェックポイントの異常は2となる。症状は不眠だけとなった。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。

6
5


頚筋のチェックポイントの異常は2のままで症状も不眠のみであった。

8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。

1
6


頚筋のチェックポイントの異常は2つとなり、症状は不眠のみであったが程度は軽くなった。まだ、完全に治療は終了していないが本人にどうしても退院しなければならない事情が出来て退院した。

8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。

1


はじめてのご予約はこちら 脳・頸ドック 予約はこちら