メニエール病と診断された症状の改善例

症例 NO.040 44歳 男性

メニエール病と診断された症状の改善例。(メマイを中心に沢山の症状が出てうつ状態になり自殺も考えるほど)例
症状経過

2年前、突然の眩暈で倒れた。
嘔気、嘔吐でメニエール病と診断され2回入院した。
その後、症状が沢山出現し、神経内科に3回入院したが原因は不明であった。

「症状」内の番号は問診票の項目番号です。問診票はこちらで、ご覧になれます。

日付 頸椎部のチェック 症状 合計
初診時 頸椎部のチェック図 頭痛、頚こり、肩こり、吐気、不眠、汗が出やすい、目がボヤける、目が疲れる、目が痛い、涙が出る、つばが多量に出る、微熱がある、胃腸の調子が悪い、全身が疲れる、気分が滅入り、わけもなく不安でイライラして焦燥感があり、頭がのぼせて、手足が冷たく、天気が悪くなりだすと症状が強くなるという状態であった。当院入院待ちの間にも、めまいと嘔気、嘔吐があった。
入院時

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩がこる。
4   風邪をひきやすい。
5   ふらっとする。
7   吐気がある。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
10 暖かいところに長時間おれない。体温の調節異常。
11 汗がでやすい。
13 目が見えにくい。像がぼやける。
14 目が疲れやすい、または痛い。
15 まぶしい、又は目を開けていられない。
16 目が乾燥する。
17 つばが出やすい。出過ぎる。
19 下痢をしやすい。腹痛など胃腸症状。
20 すぐ横になりたくなる。
21 疲れやすい。
22 何もする気が起きない。意欲がない。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。
24 気分が落ち込む。気が滅入りそうだ。
26 わけもなく不安だ。
27 イライラして焦燥感がある。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。
29 頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。

24
3日後 頸椎部のチェック図

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
11 汗がでやすい。
23 天気が悪い日やその前日、調子が悪い。

5
10日後 頸椎部のチェック図

8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
11 汗がでやすい。

2
17日後 頸椎部のチェック図

8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
11 汗がでやすい。

2
24日後 頸椎部のチェック図 症状がとれて、入院前苦しい症状が続いていたころは、生きてゆくのがつらく、自殺まで考えていたのがうそのように、体全体の調子が良くなりわずか1ヶ月足らずの入院で、入院前に20もあった症状がほとんど消えて他覚的異常所見もなくなった。他院でメニエール病と診断されたのに、すべての症状がなくなった。メニエール病と診断された時に、他の症状を伴っているかどうかが問題、ただメマイや聴力障害など耳に症状が限定しているかどうかが決め手となる。

8   夜寝つきが悪い。目覚めることが多い。
11 汗がでやすい。

2


はじめてのご予約はこちら 脳・頸ドック 予約はこちら