統合失調症の誤診例。入院治療で改善

症例 NO.036 17歳 男性

小児期より頭痛に悩まされ、勉強や日常生活がまともに出来なかった
症状経過

幼稚園の頃から、頭痛と頚の痛みに悩まされ、さらに吐き気や不眠、動悸や光がまぶしくなったり、全身がだるく、立っていても座っていてもいつもだるく、横になると楽になった。何もする気が起きなくなり、イライラして焦燥感があり集中力も低下し、いろいろな病院を受診したが、その中の1つで精神分裂病の診断が出た。しかし、当院で治療を行い、ほぼ完治に近いところまで治った。精神分裂病の診断は間違いであったと考えられる。

「症状」内の番号は問診票の項目番号です。問診票はこちらで、ご覧になれます。

日付 頸椎部のチェック 症状 合計


頸椎部のチェック図

1   頭が痛い、頭が重い。
2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
7   吐気がある。
8   夜寝つきが悪い。途中で目が覚める。
12 静かにしていても心臓がドキドキする。動悸がする。
15 まぶしい、又は目を開けていられない。
20 座っていても、立っていてもだるい、横になりたい。
21 疲れやすい、何となくだるい、全身倦怠感。
22 何もしたくない、たいそう、億劫、意欲がない。
23 天気が悪い日やその前日、症状が強い。
25 集中力が低下して、1つのことに集中できない。
27 イライラして焦燥感がある。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。

14
6

頸椎部のチェック図

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
12 静かにしていても心臓がドキドキする。動悸がする。
20 座っていても、立っていてもだるい、横になりたい。
23 天気が悪い日やその前日、症状が強い。

5
13

頸椎部のチェック図

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
20 座っていても、立っていてもだるい、横になりたい。

3
21

頸椎部のチェック図

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
20 座っていても、立っていてもだるい、横になりたい。

3
27

頸椎部のチェック図

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
20 座っていても、立っていてもだるい、横になりたい。

3

はじめてのご予約はこちら 脳・頸ドック 予約はこちら