うつ病と診断されたが、入院治療で効果

症例 NO.022 22歳 女性

大学を卒業して会社に就職してからウツ症状が出て、5月病とも言うべき状態。メンタルクリニックを受診したらウツ病と診断された。1ヵ月半の頚性神経筋症候群の入院治療がうつ病に効果。
症状経過

就職してから、先のことが不安となり、朝早く目はさめるが、会社に行く気がしなくなり、何をしても楽しくなくなり、何もする気も起きなくなった。1年前から肩こり、頚こりはあった、頭頚部外傷としては生後8ヵ月ぐらいのとき顔面を打撲したという既往歴はあった。当院受診時、意欲減退、気分の落ち込み、集中出来ない、理由もなく不安がある、イライラと焦燥感、根気がなくなり仕事を続けられない。体がだるい。全身倦怠感があった。微熱も続いた。汗も出すぎた。メマイふらつきがあった。診察では頚筋のチェックポイント全部の異常がみられ、入院加療をはじめた。

「症状」内の番号は問診票の項目番号です。問診票はこちらで、ご覧になれます。

日付 頸椎部のチェック 症状 合計


頸椎部のチェック図 微熱・発汗異常は続いた。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
5   メマイ、又はふらつきがある。
11 異常に汗をかきやすい。
18 微熱がでる。
20 座っていても、立っていてもだるい、横になりたい。
21 疲れやすい、何となくだるい、全身倦怠感。
22 何もしたくない、たいそう、億劫、意欲がない。
23 天気が悪い日やその前日、症状が強い。
24 気分が落ち込む。気が滅入りそうだ。
25 集中力が低下して、1つのことに集中できない。
26 わけもなく不安だ。
27 イライラして焦燥感がある。
28 根気がなく、仕事や勉強を続けられない。

14
6

頸椎部のチェック図 微熱・発汗異常は続いた。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
4   風邪をひきやすい。
5   メマイ、又はふらつきがある。
6   ふりむいた時や歩いている時、何となく不安定。
9   血圧が不安定である。
10 暖かいところに長時間おれない。
11 異常に汗をかきやすい。
17 つばが出やすい。出過ぎる。
18 微熱がでる。
20 座っていても、立っていてもだるい、横になりたい。
21 疲れやすい、何となくだるい、全身倦怠感。
23 天気が悪い日やその前日、症状が強い。

13
20

微熱が出るのが少しになった。症状も入院時14もあったものが9になった。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
5   メマイ、又はふらつきがある。
6   ふりむいた時や歩いている時、何となく不安定。
9   血圧が不安定である。
10 暖かいところに長時間おれない。
11 異常に汗をかきやすい。
18 微熱がでる。
21 疲れやすい、何となくだるい、全身倦怠感。

9
27

頸椎部のチェック図 ウツの症状が全部消え、症状も6となった。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
5   メマイ、又はふらつきがある。
10 暖かいところに長時間おれない。
11 異常に汗をかきやすい。
18 微熱がでる。

6
35

頸椎部のチェック図 抗ウツ剤を2錠から1錠にしても、ウツ症状は出なくなった。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
11 異常に汗をかきやすい。
18 微熱がでる。

4
42

頸椎部のチェック図 抗ウツ剤を全部切った。

2   頚が痛い、頚が張る。
3   肩が凝る、肩が張る。
11 異常に汗をかきやすい。
18 微熱がでる。

4
49

頸椎部のチェック図 抗ウツ剤を切って1週間になるがウツ症状は全くでなかった。

18 微熱がでる。

1
51

退院した。他覚的頚の筋肉の異常所見は全くなくなった。


はじめてのご予約はこちら 脳・頸ドック 予約はこちら