略歴

川口 浩(かわぐち ひろし)

脊椎外科医、基礎・臨床の骨研究のトップランナー。コネチカット大学内分泌科のLawrence Raisz教授の下に留学し、帰国後は臨床教室における先端研究システム運営のノウハウをいかし東京大学で骨・軟骨の先端研究と研究者の育成を行なう。現在、臨床の現場から問題提起して研究を行い、その結果を臨床に還元する姿勢を堅持して、 世界をリードする国際的医学研究を続けている。

学歴・職歴

・東京大学医学部卒
・米国コネチカット大学 内分泌科
・都立広尾病院 整形外科
・東京大学医学部 整形外科 准教授