医師紹介

松井孝嘉

松井 孝嘉(まつい たかよし)

理事長/脳神経外科

画像診断を世界で最も早くはじめたドクター。米国で世界初の全身用CTスキャナー開発に携わり、日本への紹介・導入・普及に尽力。それまで日本人の死亡原因第一だった脳卒中死の激減に貢献。またデッドボールの実験により耳付野球ヘルメットを完成させ、これが日本の工業基準となり毎年数人の死亡者を出していたデッドボール死を皆無にした。
著書「An Atlas of the Human Brain for Computerized Tomography」が世界中でベストセラーになり、医学書で初めての国際出版文化賞を受賞。
頚性神経筋症候群(Cervical Neuro Muscular Syndrome)を20年前に発見し治療方法を確立。

  • 東京大学 医学部卒業/医学博士(1967/1978)
  • 米国アルバートアインシュタイン医科大学 モンテフィオーレ病院にて脳腫瘍、脳血管障害の研究(1973-1977)
  • ジョージタウン大学にて全身用CTスキャナー開発に参加(1974-1977)
  • 帝京大学 脳神経外科 助教授(1977)
  • 大阪医科大学 助教授(1983)
  • 帝京大学 客員教授(1983)
  • 松井病院 理事長・院長(1988-)
  • 東京脳神経センター 理事長(2006-)
  • 日本脳神経外科学会 専門医・評議員
  • 日本脳卒中学会 専門医・評議員
  • 東京女子医科大学 講師(非常勤)
  • 大阪医科大学 講師(非常勤)
  • 愛媛大学 講師(非常勤)
  • 日本脳神経CI学会 事務局長、第28回会長
  • 日本病院脳神経外科学会 事務局長、常任理事、第8回会長
嘉山孝正

嘉山 孝正(かやま たかまさ)

センター所長/脳神経外科

世界で初めて悪性腫瘍内の低酸素細胞の存在を証明し、治療薬を開拓、神経膠芽腫の治療と臨床研究を続け脳梗塞の治療薬の開拓などにも尽力。東北大学医学部を卒業後はドイツJustus Liebig大学に留学、山形大学脳神経外科教授、病院長、国立がん研究センターの理事長、総長、院長の3役を引き受け、センターを改革した。現在も先進医学とがん治療など多岐にわたり臨床医学の発展のため尽力している。

  • 東北大学医学部卒業
  • ドイツ連邦共和国 Justus Liebig大学脳神経外科留学(1978-1981)
  • 山形大学教授・医学部附属病院長・医学部長(2002-2010)
  • 国立がん研究センター理事長・総長・院長(2010-2012)
  • 山形大学学長特別補佐、国立がん研究センター名誉総長(2012-)
  • 山形大学名誉教授、医学部先進医学講座特任教授(2015-)
  • 日本脳神経外科学会 第4代理事長
  • 日本脳腫瘍 外科学会理事長(2007年-)
  • 世界脳神経外科学会executive committee(2005年-2009年,2013年-)
  • 米国脳神経外科学会会員(1999年-)
岩田誠

岩田 誠(いわた まこと)

副所長/神経内科

  • 東京大学 医学部 卒業/医学博士(1967)
  • 東京大学 神経内科 助教授(1982-1994)
  • 東京女子医科大学 神経内科 主任教授(1994-2008)
  • 東京女子医科大学 医学部長/理事(2004-2008)
  • 東京脳神経センター 副所長(2008-)
  • パリ大学医学部外国人 助手資格臨床修練指導医
  • 日本自律神経学会 理事長
  • 日仏医学会 理事・副会長
  • 日本神経精神医学会 名誉会員
  • フランス国立医学アカデミー 会員
  • 米国神経学会 外国人会員
設楽信行

設楽 信行(したら のぶゆき)

副所長/脳神経外科

  • 東京大学 医学部 卒業/医学博士(1971)
  • 東京大学 医学部 脳神経外科(1971-1977)
  • 東京大学 医学部付属病院 脳神経外科(1977-1979)
  • 米国国立衛生研究所(NIH) 上級客員研究員(1979-1985)
  • 東京大学 医学部 脳神経外科講師(1985-1990)
  • 都立駒込病院 脳神経外科医長/部長(1990-1994/-2001)
  • 都立広尾病院 副院長/院長(2001-2003/-2010)
  • 東京脳神経センター 副所長(2010-)
北條俊太郎

北條 俊太郎(ほうじょう しゅんたろう)

副所長/脳神経外科

  • 東京大学 医学部 卒業/医学博士(1972)
  • 都立豊島病院 脳神経外科(1973-1975)
  • 東京警察病院 脳神経外科(1975-1977)
  • 米国 モンテフイオーレ病院 神経病理学フェロー(1977-1979)
  • 東京大学 脳神経外科(1979-1980)
  • 帝京大学 脳神経外科 講師/助教授(1981-1987)
  • 帝京平成大学 情報学部 教授(2002-2004)
  • 帝京大学 医学部 客員教授(2004-2007)
  • 東京脳神経センター 副所長(2007-)
作田学

作田 学(さくた まなぶ)

神経内科

  • 東京大学 医学部 卒業/医学博士(1973)
  • 東京大学 神経内科(1975-1980)
  • 米国 ミネソタ大学 神経内科 リサーチフェロー(1980-1981)
  • 米国 ミネソタ大学 神経内科 客員助教授(1981-1982)
  • 日赤医療センター 神経内科 部長(1982-1984)
  • 杏林大学 内科 教授(神経内科学)(2000-2002)
  • 杏林大学 内科 主任教授 (2002-2006)
  • 日本赤十字社医療センター 神経内科(2006-)
  • 東京脳神経センター 神経内科(2007-)
  • 英国王立医学会 フェロー(fellow, Roya1 Society of Medicine)
  • 日本禁煙学会 理事長
  • 日本頭痛学会 理事
  • 日本脳卒中学会 評議員
  • 日本自律神経学会 評議員
  • 日本サルコイドーシス学会 評議員
  • Corresponding Active Member American Academy of Neurology
天野惠市

天野 惠市(あまの けいいち)

脳神経外科

  • 東京大学 医学部 卒業/医学博士(1967)
  • 東京大学 医学部 脳神経外科(1968)
  • 米国 エール大学 ハートフォード病院 脳神経外科(1968-1969)
  • 米国 エール大学 医学部 脳神経外科 フェロー(1969-1970)
  • マックギル大学 モントリオール神経研究所 脳神経外科 レジデント(1970-1971)
  • 東京警察病院 脳神経外科 医長(1973-1975)
  • 東京女子医科大学 脳神経外科 助教授(1975-2000)
  • 財団法人 富士脳障害研究所 附属病院(2001)
  • 水戸中央病院 脳神経外科(2002-)
  • 東京脳神経センター(2013-)
  • 日本集中治療医学会 功労会員
  • 日本てんかん外科学会 特別会員
  • 日本定位・機能脳神経外科学会 名誉会員
  • Surgical Neurology, Chicago USA 論文査読委員
  • ヨーロッパ定位脳手術・機能的脳神経外科学会 正会員
  • 日本救急医療財団 評議員
  • 厚生労働省東京労働局 労災委員
  • 労災保険診療報酬審査委員
  • 奈良市観光大使
遠藤雄三

遠藤 雄三(えんどう ゆうぞう)

病理/内科

  • 東京大学 医学部 卒業/医学博士(1969/1982)
  • 虎の門病院 病理部(1971-1983)
  • 虎の門病院 免疫学科免疫検査部創設(1983-1996)
  • 虎の門病院 病理/細菌検査 部長(1996-2000)
  • カナダ マクマスター大学 分子医学部門粘膜免疫病理 客員教授(2000-2003)
  • 浜松医科大学 第一病理学講座/腫瘍病理講座 非常勤講師(2003-2004)
  • 宮崎県都城市 八日会洋香看護専門学校 医学顧問(2004-2013)
  • 東京脳神経センター(2013-)
金彪

金 彪(キン ヒョウ)

脳神経外科/脊髄・脊椎外科

セカンドオピニオン中心に診察。脊椎脊髄疾患のエキスパートであり経験豊富な専門医。術者としての累積脊髄・脊椎手術が3,200件以上という、豊富な経験を持つ脊髄・脊椎のスペシャリスト。
脊髄腫瘍380件、空洞症110件、後縦靭帯骨化症340件、脊髄動静脈奇形40件以上。脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症、椎間板ヘルニアなど、脊髄と脊椎疾患の全般に対して精密な顕微鏡手術の技術を生かし、背骨や筋肉の本来の構造と動きを守って脊髄や神経を治療する手術を行っている。

  • 東京大学 医学部 卒業/医学博士(1980)
  • 三井記念病院 脳神経外科(1981-1984)
  • 米 メイヨークリニック 脳神経外科(1984-1989)
  • 米 メイヨークリニック大学院 卒業(1989)
  • 獨協大学 脳神経外科 主任教授(1999-)
  • 東京脳神経センター(2007-)
  • 脊髄外科学会 指導医 理事
  • 脳神経外科学会 関東支部 理事
福岡秀興

福岡 秀興(ふくおか ひでおき)

婦人科

  • 東京大学 医学部 卒業/医学博士(1973)
  • 東京大学 医学部助手(医学部産婦人科学)(1976-1981)
  • 香川医科大学 助手・講師(母子科学)(1981)
  • 米国 ワシントン大学 医学部薬理学 フェロー(1981-1989)
  • 東京大学 医学部助教授(1989-2007)
  • 早稲田大学 理工学研究所研究院 教授(2007-)
  • 東京脳神経センター(2016-)
  • 日本DOHaD学会 会長
  • 日本内分泌学 代議員
  • 米国内分泌学会 会員
  • 日本母性衛生学会 監事
  • 評議員(日本骨代謝学会、日本骨粗鬆症財団、日本妊娠糖尿病学会、日本臨床栄養学会、日本産婦人科学会東京地方部会 他)
  • 日本発達障害福祉連盟 医療専門員
  • 管理栄養士国家試験 総務委員
川口浩

川口 浩(かわぐち ひろし)

整形外科・脊椎外科部長

脊椎外科医、基礎・臨床の骨研究のトップランナー。コネチカット大学内分泌科のLawrence Raisz教授の下に留学し、帰国後は臨床教室における先端研究システム運営のノウハウをいかし東京大学で骨・軟骨の先端研究と研究者の育成を行なう。
現在、臨床の現場から問題提起して研究を行い、その結果を臨床に還元する姿勢を堅持して、世界をリードする国際的医学研究を続けている。

  • 東京大学 医学部卒業/医学博士(1985)
  • 米国 コネチカット大学 フェロー(1991-1994)
  • 東京大学 医学部 整形外科・准教授(2004-2013)
  • JCHO東京新宿メディカルセンター 脊椎脊髄センター・センター長(2014-2018)
  • 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長(2018-)
  • Osteoarthritis and Cartilage 編集委員(2008-)
  • BMC Musculoskeletal Disorders 編集委員(2010-)
  • 米国整形外科学会(AAOS) 最高賞Kappa Delta賞 受賞(2009)
  • 米国骨代謝学会(ASBMR) Lawrence Raisz賞 受賞(2011)
  • Publications(peer-reviewed) > 300: Impact factor > 1,600

資料